間取りで子育てストレスを軽減させる方法

親からすると、子どもは目に入れても痛くない存在かと思います。
しかし、子育てをしていれば、ストレスが溜まらないわけではありません。
特にお母さんは、ストレスのかかる子育てに加え、家事や仕事もこなさなくてはならず、よりストレスもかかってくるでしょう。
子育てストレスの解消は、その場のストレス解消ではなく、根本的な部分を解消していった方が良いです。
今回は子育てストレスの軽減につながる間取りをご紹介しましょう。

LDKで広々、なおかつ子どもの様子を見ながら家事ができる

新築一戸建てではリビング・ダイニング・キッチンの仕切りを全て取り払った空間が人気を集めています。
キッチンで夕飯の準備・後片付けなどを進めながら、子どもが遊んでいる様子も確認することができます。
また、子どもと話す時間を増やすこともできるでしょう。

さらに、子どもの勉強効率をアップさせる方法として、「リビング学習」というものが注目されています。
これは、子ども部屋で一人勉強するよりも、親がいる中で見られながら勉強した方が効率がアップするというものになります。
こうした勉強方法は、リビングとキッチンが別々になっている間取りよりも、LDKの方が実践しやすいです。
子育てストレスを軽減させるだけでなく、子どもにとっても良い環境を作れる間取りと言えるでしょう。

収納はたっぷりと用意する

子育てをしていると、子どもが片付けなかったおもちゃを見て、溜息をつくこともあるかと思います。
また、収納スペースが足りず、おもちゃが溢れてしまっているという場合も少なくありません。
こうした子育てストレスを解消するためには、間取りの中で収納スペースを確保することが重要となります。

子どものものは、子どもの部屋に置くことを念頭に収納を考えると、おもちゃの収納はリビングが多くなり、結局片付けられないという現象が起こりがちです。
ですから、リビングにもおもちゃ収納をある程度確保しておくと良いでしょう。
また、外で遊ぶことが増えてくると、家の中に持ち込めないために玄関収納が必要となります。
できるだけ玄関は広めの収納スペースをとっておくと便利です。
他にも、作り付けのタンスを作っておけば、その分部屋を広く使えますし、地震が発生した時でも倒れる心配がないので安心です。
子育て以外のメリットも大きいので、間取りを検討する段階で収納スペースを広めに確保しておきましょう。

子育てと家事をうまく両立させるための家事動線

子育てと家事を両立させるためには、家事動線の効率化は欠かせません。
家事動線の効率化を図るのに、一番オススメなのは水回りを集中させるという方法です。
配管の関係上でも、水回りはゴチャゴチャに設置するよりも、まとめて配置した方がコストパフォーマンス的にも良いのですが、家事動線においてもまとめてあると便利です。
例えば、キッチンで料理しながら、ちょっとした合間に洗濯機を回しに行くこともできますし、まだ子どもが小さければお風呂やトイレにも家事をしながら、注意を払うことができます。

また、洗濯にしては、ベランダやサンルーム、クローゼットなどにも近い方が家事動線もコンパクトになり、作業しやすくなるでしょう。
洗濯スペースを広めに間取りを取ってサンルームと併用させ、そこに作り付けのクローゼットを設置すれば、洗濯から収納まで全てをまとめることが可能です。

間取りを考える時のポイント

子育てのストレスでは、子どもの面倒も見つつ家事をしなくてはならないので、ストレスが溜まりやすくなってしまうのですが、間取りを少し工夫するだけで子どもの様子を見ながら家事ができる環境を作れます。
間取りを検討する際、家事動線や生活動線を見直して、家事や子育てのしやすい間取りを考えてみましょう。

明石を中心に、地域に密着して60年目を迎える不動産会社があります。
明石で土地や新築一戸建て住宅をお探しの方は、こちらのサイトは要チェックです。
高断熱・高性能の家づくりの提案をしてくれますよ。

ピックアップコンテンツ

玄関

玄関は広い方が便利!その理由とは

家づくりでは、間取りやスペースの確保を重視する傾向にありますが、玄関の広さも意識しましょう。子育てには、玄関は広い方が何かと便利なのです。…

詳細はコチラ

オススメサイト

最新記事一覧